コンテンツへスキップ

注文住宅でマイホームを建てるメリット

注文住宅で地元の工務店に頼んで二階建ての5DKの家を建てました。

注文住宅の最大の楽しみは、自分なりの構想を持って如何様にでも建てられるからでしょう。 自分で有る程度概略図を描きながら、間取りをどうしょうか、家の向きをどうするか、又、洋室か和室か、ハタマタLDKはどうしようか、給湯関係は、などなど。

以上のように、注文住宅は限りなく自分や家族の意思が反映される、大事な利点があるのです。 

焦らず、時間をかけて、工務店ともジックリ話し合いながら進めることができるのです。

工務店さんは、どちらかと言うと土着した人が多く、仕事のほうも人と人のつながりで仕事をしているようなもので、それら職人集団が古い地元にはいるんですね。

私の住んでいる周辺も、古くからある集落、村落で、家は地元有力者の紹介で、工務店によって建てました。 まず、概略の方位や間取り、それと必要な予算額等の簡単な話をしただけで、数日たってこんなもんでどうでしょうと、概略図面を持ってゆきました。

すると、“ああ、いいでしょう”、ということになってバタバタと仕事に取り掛かってのです。 勿論、途中何べんも仕様について話し合いをしながら進めましたが、出来上がった家は二階建ての5DKの家で、見るからに大満足でした。