今の時代の新築は木造で2パターンありますね

以前住宅メーカーの営業をしていたので新築現場等をよく見に行ったのですが、最近の木造住宅は昔からある在来工法だけでなくツーバイフォーといわれる工法も増えてきてるんですよね。

当然働いていたので多少なりは勉強しなくてはいけなかったので勉強したのですが、本を読む感じですとツーバイフォー工法の方が良く書かれている事が多いですね。

かといって別に在来工法ご駄目という訳ではないのですが、どんな世界も新しい技術の前には中々太刀打ち出来ない事が多いですよね。

ですがその仕事でご飯を食べている人からすれば、どうしても諦める事も出来ませんし昔からの工法を守っていきたいという人も多いですよね。

カメラなんて良い例ですよね。

フィルムからデジタルはとても便利で、一般の人でも気軽に写真を楽しめる事がらできる様になりましたが、その逆で廃業している写真屋さんは沢山ありましたね。

これにおいても確かにフィルムにはフィルムの良さがありますが、時代の流れに対抗できなかった結果ですよね。

このツーバイフォー工法の良さもこの例と似ていて、工事にかかる時間も少なくすみ、比較的技術的にも難しくなく技術のバラツキが少ないのが特徴で、誰が作っても同じレベルというのはチェーン店としても理想的ですよね。

そして工期が短いという事は単純に人件費も少なくなりますし、建築中の雨等で濡れる事も少なくすみますし、何よりお客さんにも早く引渡しができます。

こう考えると時代の進化はどちらの意味でも恐ろしいですね。

研究をする人と現場で汗を流す人は全くの別人です。

その研究をする人の行動によって現場の人の生活が変わってしまう可能性があるという事です。

新築も色々な人が関わって今の技術がありますのでそれを考えると何か思う所がありますよね。

ショッピングカート設置|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|V20|童話集|オーディオ|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|フリーソフト|生命保険の口コミ.COM|ページランク表示|じゃんけん必勝法