建売り住宅を購入するならご近所情報収集は必須

建売り住宅を購入する際は、ご近所の情報も入れておくべきでしょう。近所に公園があるとかコンビニがあるとか、そういったことではないのです。もちろん、立地条件だって重要な家選びの要素ですけれど、しかし建売り住宅を購入する場合、それよりももっと入れておいた方がいい情報があるのです。

それは「ご近所にはどのような人たちがいるのか?」といったことです。たとえば、「猫を大量に飼っている家がある」ですとか、「暴れん坊の子どもが危険なあそびをしているスポットがある」ですとか、「マナーがなっていないお宅がある」ですとか、そういったご近所情報ですね。

それらのご近所情報は、実際にしばらく住んでみないことには気がつかないものでしょう。けれども、当たり前のことですけれど、建売り住宅を購入した後に気がついてしまっても後の祭りでしょう。問題に自分から立ち向かって解決できればいいのですけれど、ほとんどの人間がそこまで気力がないわけです。

ですから事前に問題がないかどうかをご近所情報から判断して、そして建売り住宅を選ぶのも良いでしょう。こういった情報は、地元の不動産屋さんや商店が持っていたりしますからね。さりげなくさぐりを入れても良いでしょう。